私と仕事、どっちが大事なの?と 言われたときの正しい答え

ダイヤモンドオンラインの連載は下記リンクより!
https://diamond.jp/category/s-15seconds_communicate

「私と仕事とどっちが大事なの?」の
正しい答えとは?

Q.「私と仕事とどっちが大事なの?」
×「もちろん、お前が大事だよ」
×「お前も仕事も大事だよ」
○「そんなことを言わせてごめんね」

時代を超えた永遠の問い。「私と仕事とどっちが大事なの?」
この問いに真正面から答えて良い結果を生むことはありません。

「もちろん、お前が大事だよ」と答えると、「だったら何でいつも仕事を優先させて私のことを放っておくの?絶対うそよ!」となるでしょう。「お前も仕事も大事だよ」なんて、調子の良い答えを言ったら最後です。
「どっちも大事なのは分かってるよ!でも、あなたは仕事のことしか考えてないんでしょ?頭の片隅に私のことが少しでも入っているの?嘘ばっかり!」と火を噴きます。

では、逆をついて「仕事が大事に決まってるだろ」と言ったらどうなるか?
無言で去られるか、ひっぱたかれるか……。相手が無口になって、やりすごせたと思った方は、相手の深層は少しも分かってないですね。
相手は、本当に仕事と私のどっちが大事なのかの答えが知りたいのでしょうか?

こういった問いのポイントは、第二回でもお伝えした通り、この言葉を発した相手の深層をしっかり掴むことです。
この問いの深層を掴むと、自分のことを気にかけてほしい。もっとかまって欲しい。寂しいという感情が見えてきます。

つまり、相手は答えが欲しいのではなく、もっと気にかけてほしい、ということなのです。

だから、「そんなこと言わせてごめんね。仕事にばかり気が取られて、寂しい思いをさせてしまったね」と強く抱きしめてあげてください。

そうすれば、「ごめん。仕事が大変なのは分かってたけど、つい、寂しくて。でも、私のことを思ってくれているなら大丈夫」と、自分を大事に思ってくれていると分かるだけで安心するものです。

ちなみに、これ、どちらが男性で、どちらが女性か、想像しましたか?
今の時代は、「仕事と私(俺)とどっちが大事なの?」と、男性が言うケースも増えてきていますよ!

関連記事

  1. キャラを見きわめて人を動かす! 引っ込み思案タイプにリーダーを任せるに…

  2. 部下のためになって、自分の評判も上げる! 上司から部下への正しい「ダメ…

  3. パワハラにならない部下へのうまい伝え方

  4. 相手のキャラを見きわめて伝える!

  5. 人気DJだったのに契約が取れない! 仕事での伝え方は「15秒」を意識す…

  6. 部下も積極的に会議に参加するようになる うまい伝え方とは

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。