人気DJだったのに契約が取れない! 仕事での伝え方は「15秒」を意識する

ダイヤモンドオンラインの連載は下記リンクより!
https://diamond.jp/category/s-15seconds_communicate

テレビCMの長さは通常15秒です。人は、他人の話を聞いて、覚えているのはキーワードのみ。ですから、ひとつのメッセージは15秒以内に、そして最初から、伝えたいキーワードを決めて話す。これを知っているかどうかで、仕事のパフォーマンスが違ってきます。
元人気DJ、さらに不動産会社でのトップ営業やベンチャー企業で取締役営業本部長を経験、そして、現在はトップ講師プロデューサーとして、延べ2万人を指導している話し方のプロが教える新刊『相手のキャラを見きわめて15秒で伝える!』から、内容の一部を紹介します。

伝え方次第で、仕事はうまくいく

ビジネスの世界においては、具体的な会話なしでは事が進みません。もちろん、昨今はメール連絡も欠かせませんが、商談や、会議、依頼、プレゼンなどの場では、やはり何を、どうやって話すかが重要です。

伝え方次第で、取引が成立したり、提案が通ったり、自分の仕事がやりやすくなったり……と、うまく伝えることができれば、その効果は計り知れません。

つまり、ちょっとした努力で、最高の効果を発揮できるのが「伝え方」のテクニックなのです。

今や、誰もが忙しく、時間がありません。そんなときにだらだら話していても、きちんと聞いてはくれません。例えば、あなたが、誰かからオススメの商品を紹介されたとします。5分ぐらい説明を聞いて、いったいどれだけのことを覚えていますか?

ほとんどの言葉を覚えていないでしょう。

ただし、気になるキーワードがあれば、そのキーワードだけは覚えているはずです。人は、文章では覚えてくれないのです。だからこそ、話す側も、最初から伝えたいキーワードを決めて話す。これを知っているかどうかで、仕事のパフォーマンスが違ってきます。

15秒で伝えることを意識する

人が集中して聞いていられるのは3分だといわれていますが、伝えることに限っていえば、その最適な時間は「15秒」です。

短い、と思うかもしれませんが、この15秒という数字は、テレビCMで標準的に流れるバージョンの長さです。要するに15秒もあれば十分に商品の魅力を伝えられるのです。

逆に15秒で商品の魅力を伝えられない場合は、その商品がお客様にとって分かりづらいものだと思った方が良いでしょう。

必要最低限にして十分な15秒という時間が、「伝える」上で、大きなカギになります。私はもともとラジオのDJをしていましたが、ひとつのメッセージは15秒以内を意識していました。この長さをひとつの塊と意識して、1つの話題は集中力の切れない3分以内にするのです。

これを意識しないと、すぐに別の放送局に変えられてしまうというのが理由ですが、この原則はビジネスの世界に入って非常に役立ちました。

そんな私も、過去には人とは仲良くなれるけど、人への伝え方が下手だったために、仕事で全く結果が出せない日々がありました。

人気DJだったのに契約が取れない!
仲良くなっても、人は動かないもの

私がなぜ、本書を書こうと思ったのかの原体験にもなりますが、少し、私の経験をお話しさせてください。

私は、大学4年の時からラジオの仕事に夢中になり、卒業後は地元のラジオ局に入り、その後、大阪(FM802)、名古屋(FM愛知)、文化放送と、ラジオパーソナリティとして自身の番組を持って活動していました。

しかし、31歳の時に帯の番組が突然終了したのです。当時はラジオDJとして生きていく自信を失い、放送以外の社会を全く知らない自分が、番組でも何を根拠に喋っているのかが分からなくなりました。

そこで、社会勉強のためにビジネスの世界に飛び込み、まずは投資用不動産の営業マンとして第2の人生をスタートしました。

私自身は、話すことを職業としていましたし、ラジオでは芸能人から文化人、経済人、一般のリスナーまで大勢の人とトークをした経験から、コミュニケーションには自信がありました。ですから、不動産も簡単に売れるだろうと高をくくっていたのです。

しかし、現実はそう甘くはありません。
結果、入社してから365日間、売り上げゼロを経験し、プライドはズタズタになりました。いい大人がトイレの個室に入り、声を殺しながら悔し涙を流したこともありました。

いくら、お客様と仲良くなっても、高額商品は売れないのです。

「相手に伝える」、その結果「相手に動いてもらう」には何が必要なのか? 私は一念発起して、いろいろな本を読み漁り、実践を繰り返し、自分なりの理論を導き出しました。

その結果2年目には、年商500億円の会社で1位、つまりトップ営業となることができたのです。そして、それが縁で、お客様に誘われ眼鏡会社の役員に就任し、経営も含めたビジネスの基本を身に付けることができました。

現在は、組織人事コンサル会社で大手企業向けに研修講師として活動し、また、講師を育てる講師として、「世の中の講師の質が上がれば日本が元気になる」をモットーに活動しています。

こうした経験から実感したのが、相手のキャラを見きわめて15秒で伝える必要性です。

ラジオDJ時代に培った端的に伝える技術と、営業や経営、講師経験で身に付けた、相手のキャラを見きわめて伝える技術を掛け合わせることで、自分自身も大きく変わりました。

独りよがりで長々と説明しても相手には伝わりません。

自分が伝えたいメッセージよりも、相手が聴きたいメッセージが重要なのにも気づかされました。

人を動かす言葉は、いつも端的。「15秒で伝える」力は、最大の武器になります。この武器を身に付け、是非、あなたも多くの人を動かし、成果を最大化させるビジネスパーソンになってください。

 

関連記事

  1. キャラを見きわめて人を動かす! 引っ込み思案タイプにリーダーを任せるに…

  2. 新人でも上司が動いてくれる 伝え方とは?

  3. ちょっと無理なお願いはこう伝える! 相手が断りにくくなるテクニックとは…

  4. 私と仕事、どっちが大事なの?と 言われたときの正しい答え

  5. 部下のためになって、自分の評判も上げる! 上司から部下への正しい「ダメ…

  6. 人を動かす! 高額商品を購入していただく 決め手とは?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。