タイプ別コミュニケーションで さらに人が動いてくれる!

ダイヤモンドオンラインの連載は下記リンクより!
https://diamond.jp/category/s-15seconds_communicate

同じ言葉でも、
響く人、響かない人

一言で相手の共感を得ると言っても、そんなに簡単なことではありません。
同じ言葉を掛けたとしても、その言葉に響く人と、響かない人がいます。

Aさんとはすごく相性が良いけど、Bさんのようなタイプは苦手という経験は誰にでもあるでしょう。

人にはいろいろなタイプがあります。そのタイプによって、得意不得意、好き嫌いが分かれます。親しい相手ではなくても、10分相手の話を聞いているとどんなタイプかがわかってきます。

ここでは、相手のタイプに合わせたクロージングのケースをご紹介します。

【ガツガツタイプ】→自分で決めさせる

×「お客様の求めていることを考えると私のおススメはこちらです」
○「情報は全てお伝えしましたので、後はお客様にお任せします」

このタイプは、誘導はしても、最後は自分で決めないと納得しません。

◦自分が主導権を握りたい
◦影響力を発揮したい
◦積極的に攻め、競争心を持ちやすい
◦上昇志向が強い
◦自ら切り開く力がある

営業でバリバリ成績を挙げるタイプや、人の上に立つ人に多いタイプです。

ガツガツタイプの特徴は?

このタイプは、周りにコントロールされたり、指示をされたりするのが嫌いです。
また、自由を好み権限を与えられたらやる気になりますが、権限を奪われると意気消沈します。
このタイプは、相手を尊重し権限を与えて、自らの意志でものごとを決定していると思ってもらうことです。

本当は、こちらが誘導していたとしても、それを感じさせずに、情報と選択肢を与えて、選んでもらうのが良い方法です。
車の販売に例えると、
「Aの車は、デザインも洗練されていてアピール力が強く、力強い走りをする上に、自由に車を操れる感覚があり、ドライバーの優越感を満たしてくれる車です。

Bの車は、安定した走りと、居住空間の心地よさが同乗者の満足を引き出し、環境にも優しいエコな車です。お客様でしたら、どちらがお好みですか?」

「う~ん、Aが良さそうですね」

一見、ガツガツ系のお客様にAを選んでもらっているように見せて、実は、既に誘導しています。車の紹介の仕方が「自由」や「操作性が高い」「優越感」などが入っているからです。

こういう性格の相手には間違っても「お客様のタイプだったらAがお勧めです!」と断定してはいけません。

相手に決めつけられてしまうと、本人もそうだと思っていても、押しつけられた気がして「この営業からは買いたくないなぁ」と拒絶される可能性があるので気を付けましょう。

次回はその他のタイプをご紹介します。

 

関連記事

  1. 話し方動画教室オンライン基礎編動画Chapter1~25まで全編無料公…

  2. やる気を引き出す! モチベーションが続かない人への正しい伝え方

  3. 安倍総理辞任記者会見で「政権放棄」質問記者への違和感。

  4. 話し方動画教室オンライン基礎編無料公開中!

  5. コロコロ意見が変わる上司と 上手くコミュニケーションを取るには?

  6. 私と仕事、どっちが大事なの?と 言われたときの正しい答え

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。