話し方、話し方教室、ナレーター・DJ・MC・司会、自分の部屋がscoolになる!web-school.tv
話し方、話し方教室、ナレーター・DJ・MC・司会HOME
話し方、話し方教室、ナレーター・DJ・MC・司会,講座・費用のご紹介
話し方、話し方教室、ナレーター・DJ・MC・司会,無料体験レッスン
話し方、話し方教室、ナレーター・DJ・MC・司会,トライアルCD販売
話し方、話し方教室、ナレーター・DJ・MC・司会,お問い合わせ・お申し込み
会社概要
話し方、話し方教室、ナレーター・DJ・MC・司会,あなたの才能、スキルを全国に発信!
代表羽田徹の話し方ブログ
メルマガ登録・解除
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
 

メールマガジンバックナンバー56

受け取って欲しい言葉は前に出すvol.3

前に出すと書くと、とかく強調する、目立たせると思いがちですが
その逆のやり方もあります。

あえて、情報の貴重さを相手にイメージ付けるために、小さな声になることも必要です。
「実は、これはまだ一般には公開していない情報なんですが・・・」

と、あなただけに特別に話しますよ!という場合は、声を潜めますね。

内緒話というやつです。
そうすると、今まで仰け反っていた相手も、前かがみになります。
これは、話に興味を持った証拠です。
前かがみになって、神経を集中し、話を聞くわけです。
そうやって聞いた言葉は、他の言葉よりも印象に残るのは当然です。
これも、言葉を前に出す技術の一つです。


女性に告白するときも、海に向かって大声で「すきだーーーー!」って叫ぶのも
いいのですが、大成功するか引かれるかのどっちかなので、リスクですね。
基本は、大事な話をする雰囲気を出し、

耳元で彼女だけに聞こえるぐらいの声で、愛の言葉をささやいた方がいいですよね。
大切な言葉、相手にしっかり伝えたい言葉は、

大きな声で言えばいいってモノではありません。
押すのではなく、引く技術も是非身に付けてください。


                             戻る