話し方、話し方教室、ナレーター・DJ・MC・司会、自分の部屋がscoolになる!web-school.tv
話し方、話し方教室、ナレーター・DJ・MC・司会HOME
話し方、話し方教室、ナレーター・DJ・MC・司会,講座・費用のご紹介
話し方、話し方教室、ナレーター・DJ・MC・司会,無料体験レッスン
話し方、話し方教室、ナレーター・DJ・MC・司会,トライアルCD販売
話し方、話し方教室、ナレーター・DJ・MC・司会,お問い合わせ・お申し込み
会社概要
話し方、話し方教室、ナレーター・DJ・MC・司会,あなたの才能、スキルを全国に発信!
代表羽田徹の話し方ブログ
メルマガ登録・解除
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
 

メールマガジンバックナンバー51

次の行動を促す言葉!vol.2

前回は、契約をするに至る次の行動に移させる事が大事というお話をしました。
基本的に営業マンや販売員は、お客様にモノを売るというスタンスではいけません。
そうすると、営業マン(売る人)VSお客さん(買う人)
という対立の図式になっています。
営業マンは、売る人ではいけないのです。
お客さんが良い商品を手に入れる手助けをする人なんです。
「あなたのお陰で、希望の商品が買えた」
「あなたのお陰で良い商品を手に入れられた」
良い営業をすると感謝されます。
この時点では既に、「売る人VS買う人」ではなくなっていますよね。

なので、良い商品を手に入れるために、私もあなたの立場になって行動している
というスタンスが大切です。
その為には、お客さんに対しても、良い商品を買うために、遠慮なくお願いをしていいのです。
必要な情報、必要な書類、必要な行動・・・。
「これをして頂ければ、良い条件がだせます!」
「良い商品を確保する為に、こうしてください!」
と、お客さんにも遠慮なく行動を促します。
それができれば、ベクトルはお客さんと同じになりますね。

お客さんに対して○○してください!なんて、言える訳が無い!なんて思ってしまうものです。
しかし、お客さんも良い商品を手に入れたい、

こちらも良い商品をお客さんに手に入れて欲しいという同じ目的ならば、

お願いをしても、動いてくれます。
是非、お客さんに次の行動を促してください。


                             戻る