話し方、話し方教室、ナレーター・DJ・MC・司会、自分の部屋がscoolになる!web-school.tv
話し方、話し方教室、ナレーター・DJ・MC・司会HOME
話し方、話し方教室、ナレーター・DJ・MC・司会,講座・費用のご紹介
話し方、話し方教室、ナレーター・DJ・MC・司会,無料体験レッスン
話し方、話し方教室、ナレーター・DJ・MC・司会,トライアルCD販売
話し方、話し方教室、ナレーター・DJ・MC・司会,お問い合わせ・お申し込み
会社概要
話し方、話し方教室、ナレーター・DJ・MC・司会,あなたの才能、スキルを全国に発信!
代表羽田徹の話し方ブログ
メルマガ登録・解除
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
 

メールマガジンバックナンバー5

正しいアポの取り方

今日は、セミナー絡みでいきましょう!

営業マンなら既に知っている技、使っている技かも知れませんね。


アポを取る時は、お願いしてはいけません。

「来週あたり会っていただけませんか?お忙しいとは思いますが、どうぞよろしくお願いします!」

これでは、相手に断ってくれと言っているようなものです。


まず間違いが2つ。

「会っていただけませんか?」って、断る事を選択肢として与えています。

「お忙しいとは思いますが」 そう、忙しいから無理なんだよ!と断る理由をこちらから与えてますね。


アポを取る時は、もう、会うこと前提で話を進めてください。

「来週なんですが、月曜と水曜なら、どちらがご都合よろしいですか?」

「んー、月曜は出張だから水曜の方がいいかな。」

となります。

お客さんもここで、(あれっ?もう会うことになっているんだっけ?)と思うかもしれませんが、
水曜の方がいいと言った以上、会うことそのものを断るのは難しいですよね。

アポは、会うこと前提で話を進めましょう。

これ、デートに誘う時も同じですからね!

                             戻る