話し方、話し方教室、ナレーター・DJ・MC・司会、自分の部屋がscoolになる!web-school.tv
話し方、話し方教室、ナレーター・DJ・MC・司会HOME
話し方、話し方教室、ナレーター・DJ・MC・司会,講座・費用のご紹介
話し方、話し方教室、ナレーター・DJ・MC・司会,無料体験レッスン
話し方、話し方教室、ナレーター・DJ・MC・司会,トライアルCD販売
話し方、話し方教室、ナレーター・DJ・MC・司会,お問い合わせ・お申し込み
会社概要
話し方、話し方教室、ナレーター・DJ・MC・司会,あなたの才能、スキルを全国に発信!
代表羽田徹の話し方ブログ
メルマガ登録・解除
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
 

メールマガジンバックナンバー49

お名前様ってどんな様?

「お名前様頂戴いただけますか?」

最近良く聞く言葉ですね。
今日も、某所で言われて、「羽田様です」と言いそうになりました。。。


本来は、「お名前」だけで充分丁寧な言葉になっているのです。
そこにあえて様を付けるのは過剰な敬語といえるでしょう。
しかも、さらに間違いがありますが気付きましたか?
「頂戴」と「いただけますか」と、同じ意味の言葉を重ねて使っています。

しかも、お客様の名前を聞きたいのなら、頂戴するではなく、伺うを使う方が正しいです。
名前は頂戴するものではありません。
なので、普通に「お名前を伺ってもよろしいですか?」となります。
これも、「お名前をお伺いしてもよろしいですか?」としたくなる所ですが
本来は、お名前とお伺いと、両方に「お」を付けるのは過剰な敬語になるんです。
「電話番号をお伺いしてもよろしいですか?」は正しいですが
「お電話番号をお伺いしてもよろしいですか?」は過剰ですから不正解です。


最近はお名前様以外にも、様を付けるのが多いようですね。
住所を聞くのに「お所様」なんて言い方もするそうです。
しまいには「お電話番号様」「お生年月日様」「お趣味様」なんて言い出したりして。。。

「お客様はサマンサタバサ様のおバック様をお持ちで、
お中目黒様にお住まいでいらっしゃるんですね!」
「いやー、これも私の旦那様、様様なんですわよー!おほほー」
「お様々なお客様がいらっしゃいますけど、お様になってございます」 



この会話にはサマーズも突っ込まずにはいられなくなるでしょう。。。
充分丁寧な言葉なのに、過剰な敬語にしている例は本当に多いですね。

特に最近は販売関係を中心に変な言葉が多いです。
多くの人が違和感を覚えているのに、どうしてそういう口調になるんでしょうか?
過剰敬語は、僕も周りに合わせて使ってしまう時がありますが、気を付けたいですね。


                             戻る