話し方、話し方教室、ナレーター・DJ・MC・司会、自分の部屋がscoolになる!web-school.tv
話し方、話し方教室、ナレーター・DJ・MC・司会HOME
話し方、話し方教室、ナレーター・DJ・MC・司会,講座・費用のご紹介
話し方、話し方教室、ナレーター・DJ・MC・司会,無料体験レッスン
話し方、話し方教室、ナレーター・DJ・MC・司会,トライアルCD販売
話し方、話し方教室、ナレーター・DJ・MC・司会,お問い合わせ・お申し込み
会社概要
話し方、話し方教室、ナレーター・DJ・MC・司会,あなたの才能、スキルを全国に発信!
代表羽田徹の話し方ブログ
メルマガ登録・解除
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
 

メールマガジンバックナンバー42

思わず買ってしまう露店のおじさんの技

この話は、ずっとしたかったのですが、書く順序があるので、紹介できませんでした。

先日、深大寺のだるま市に行った時の話です。

露店でおじさんがだるまを売っているのですが、この売り方が見事!

商売の基本を全て押さえた完璧な商法だなぁと驚かされました。


まず、大きなもの買っても飾るところ無いし、
小さいのでいいやと思って買おうとした時のやりとりです。


羽「おじさん、この小さいのいくら?」

お「それはねぇー、400円だよ。でも、お兄ちゃん、こっちの大きいのにしたら、
  金で福って書いた文字も入るし、お札も付いてくるからお得だよ。」

羽「んー、あんまり大きいのは・・・」

お「これねぇ、本当は1200円するけど、800円にしておくからこっちにしなよ。
  400円で文字もお札も無いより、こっちの方が断然おとくだから!
  1個だけでいいかな?じゃぁ、袋入れとくね」

羽「あー、じゃぁ、それで」


さて、このやりとりどう思いましたか?

まず、だれでも買いやすい小さなだるまで興味付けをして、さらに大きなものへ誘導する。

これは商売のセオリーですね。

しかも、割引や、おまけが付いてくることによるお得感をしっかり演出する。

本当は最初から800円で売っているものでも、1200円だけど800円でいいや!
と言うことで、とてもラッキーな気分になります。

そして、このおじさんのクロージングの凄さは、お客さんから買うという言葉を貰う前に、
買うことを確信して、先に袋に詰めてしまっている所です。

正直、客の立場で考えると、400円でも800円でもそれほど出費金額としては
大きなストレスはありません。

なので、お得感を演出され、買うでしょ?って雰囲気で袋にまで入れられると、
同じ状況になれば、大抵の人は買うでしょうね。

でも、「どうする?大きいのにする?小さいのでいい?」

なんて聞かれてしまったら、小さい方を選択したかもしれませんし、
「ちょっと考える」なんて言って、その場を離れ、ニ度と戻ってこない可能性も高いでしょう。

このおじさんの販売術は、長年の商売の経験から身に付けたものでしょうが、
世の中の商売のセオリーがしっかり詰まった、とても優秀な商法、優秀な営業マンなのです。


めでたく、お札を貼っただるま君は、我が家のリビングに君臨していますが、

やっぱ、ちょっとデカイ・・・。

あのおじさん、やるなぁー。


                             戻る