話し方、話し方教室、ナレーター・DJ・MC・司会、自分の部屋がscoolになる!web-school.tv
話し方、話し方教室、ナレーター・DJ・MC・司会HOME
話し方、話し方教室、ナレーター・DJ・MC・司会,講座・費用のご紹介
話し方、話し方教室、ナレーター・DJ・MC・司会,無料体験レッスン
話し方、話し方教室、ナレーター・DJ・MC・司会,トライアルCD販売
話し方、話し方教室、ナレーター・DJ・MC・司会,お問い合わせ・お申し込み
会社概要
話し方、話し方教室、ナレーター・DJ・MC・司会,あなたの才能、スキルを全国に発信!
代表羽田徹の話し方ブログ
メルマガ登録・解除
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
 

メールマガジンバックナンバー4

暑苦しい接客

最近、店員さんの対応が非常に良く、社内教育、店舗無い教育が良く行き届いているなぁと
感心することがあります。
やはり飲食業界も競争ですから、サービスで生き残らないといけないですもんね。

ただ、ちょっと丁寧すぎる、やり過ぎてるお店も目に付きます。

先日入ったアメリカンハンバーガーの店もそうでした。
お客さんも沢山入っていて、料理も美味しく、店員さんもよく教育されて素晴らしい接客。

しかし、ちょっと丁寧すぎるんです。

「こちらのお席でよろしかったでしょうか?ちょっと広くなりますけど大丈夫ですか?」

丁寧に心配してくれるのはいいのですが、全てのお客さんにやっています。

狭い席に通す時は、「すいません、狭い席になってしまいますがよろしいでしょうか?」
広い席でも、狭い席でも全てのお客さんに言っていました。

そんなに毎回聞くなら、ちょうど良い席用意しといて!と言いたくなります。

しかも、嫌だと言っても他の席は空いてない訳です。
だから、「良いですよ。」と言ってもらうのが前提で伺ってるんですね。

これは、丁寧に見えて、不親切、不要な案内になってしまいます。


2人で話をしながら料理を待っていると、張りのある良い声で

「大変お待たせいたしました。こちらのお料理が、オニオンリングのフライになっておりまして、
そちらにございますケチャップかマスタードをお付けになってお召し上がりください!
大変熱くなっておりますので、お気を付けてお召し上がりください。」と言って、
やっと料理をテーブルに置きます。

勿論話は中断され、彼の料理説明を聞いている間はお預け状態になります。

「説明いいから、はやくテーブルに置いてくれ!」と言いたくなりました。

僕が、いいなぁと思う接客は、例えばお客さんが話で盛り上がっている時は、
できるだけ短く、さりげなく丁寧に料理を運んでくれる店員さんです。

「お待たせしました。オニオンフライです。熱くなっていますのでお気を付け下さい。」

と、さらっと言って去っていく。

話の腰も折らないし、伝えなければいけない事はちゃんと伝えている。

ちょっといいレストラン等にいくと、こういう接客がスマートなんですよね。

だから心地よい。

丁寧すぎるのも暑苦しい!無駄を省いたスマートな対応こそが良い接客。

話の無駄を省くというのは、どんなジャンルの仕事にも言えることです。

                             戻る