話し方、話し方教室、ナレーター・DJ・MC・司会、自分の部屋がscoolになる!web-school.tv
話し方、話し方教室、ナレーター・DJ・MC・司会HOME
話し方、話し方教室、ナレーター・DJ・MC・司会,講座・費用のご紹介
話し方、話し方教室、ナレーター・DJ・MC・司会,無料体験レッスン
話し方、話し方教室、ナレーター・DJ・MC・司会,トライアルCD販売
話し方、話し方教室、ナレーター・DJ・MC・司会,お問い合わせ・お申し込み
会社概要
話し方、話し方教室、ナレーター・DJ・MC・司会,あなたの才能、スキルを全国に発信!
代表羽田徹の話し方ブログ
メルマガ登録・解除
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
 

メールマガジンバックナンバー39

アカデミー賞スピーチに学ぶvol.2

日本でスピーチと聞くと、なんだか退屈なもの、つまらないものという印象があります。
正直、面白いスピーチって少ないですね。

しかし、本来スピーチは楽しいもの、エンターテイメントでなければいけないのです。

アカデミー賞で、僕が一番面白かったのは、コッポラ、ルーカス、スピルバーグの
3大巨匠が揃って行ったスピーチです。

コッポラ、スピルバーグが声を揃えて、

「オスカーを取ると世界が変わる素晴らしいことだよね!」と言えば、

ルーカスが

「僕は、取ってないけど・・・」(会場、大爆笑)
と、自虐ネタ。
あのスターウォーズで歴史を塗り替えた巨匠が、実はオスカーを取ってないという事実を、
笑いに変えてしまう凄さ。

こうやって、スピーチには笑いが必ず織り込まれるのです。
司会者も、必ず笑いを入れます。過去の司会者を見てもそうですが、
コメディー出身の俳優さんが司会を担当することが多いですね。

最近では日本でもコメディーブームですが、ハリウッドではコメディアンは非常に尊敬されているようです。

スピーチで笑いを入れるのは非常に難しい事だと思いますが、人を惹き付ける話しが出来る人は、
スピーチでも講演でも、必ず笑いを入れているものです。

僕も、セミナーなどでは極力笑いを入れるように心がけています。


この時のポイントは、ルーカスのように、自分を笑いのネタにすることです。

他人を笑いのネタにするのも結構ですが、これは更に難しいですね。
嫌味無く笑いにするのは、相当な技術がいるでしょう。

でも、自分を笑いのネタにすると、誰も傷つきませんし、迷惑もかけないですからね。
さらに、自虐ネタは聞き手にも親しみを持ってもらうことができます。

僕は、その為にも良くお笑いを見ます。(ただ好きなだけですが)

結構、間、テンションなど分析すると勉強になりますよ!

では、次回は、お笑いから分析する話し方をみていきましょう!


                             戻る