話し方、話し方教室、ナレーター・DJ・MC・司会、自分の部屋がscoolになる!web-school.tv
話し方、話し方教室、ナレーター・DJ・MC・司会HOME
話し方、話し方教室、ナレーター・DJ・MC・司会,講座・費用のご紹介
話し方、話し方教室、ナレーター・DJ・MC・司会,無料体験レッスン
話し方、話し方教室、ナレーター・DJ・MC・司会,トライアルCD販売
話し方、話し方教室、ナレーター・DJ・MC・司会,お問い合わせ・お申し込み
会社概要
話し方、話し方教室、ナレーター・DJ・MC・司会,あなたの才能、スキルを全国に発信!
代表羽田徹の話し方ブログ
メルマガ登録・解除
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
 

メールマガジンバックナンバー11

声を落とす効果

前回はテンションを変えるという話しをしました。

その流れにある技術です。

大切な事を言うときに、強調するのは当然のことですが、
強調をしすぎると押し付けになってしまいます。

相手に押し付けるのではなく、相手に前のめりになって欲しいときは強調ではいけません。

特に、既に相手が興味を示していて、もっと聞きたい!という体勢になっている時は、
こちらが引いてあげましょう。

ここではあえて、大切なことを言う時に、声のトーンを落とします。
いわゆる、ひそひそ話しのような喋り方ですね。

そうすると、良く聴こうとしてお客さんが前のめりになります。

もちろん、本当に小さな声ではいけません。
小さくても響く声を作っておけば、相手にもしっかり伝わります。

ここだけの話!あまり大きな声では言えませんが・・・
などと、ひそひそと話す場面は良くありますよね。
相手も普通に話をされるより、興味をかきたてられるわけです。

時代劇などでは、越後屋が悪い話を大名にする時にやってますよね。。。


声が小さくても響く声が作れると、女性を口説くときにも有効です。
つぶやく声で語りかける手法です。
これで、相手をどんどん惹き込みましょう!

                             戻る